キャラ名鑑(かー〜かみ)
 キャラクター名鑑 か行
  (カークス・ザン・ヴァルハレビア〜神北 兵左ェ門)

(あ行)/(か行)/(さ行)/(た行)/(な行)/(は行)/(ま行)/(や、ら、わ行)

(か〜かみ)/(かむ〜かん)/(き)/(く)/(け)/(こ)



  • カークス・ザン・ヴァルハレビア 魔装機神系オリジナル
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:神聖ラングラン王国(バゴニア方面軍)→カークス軍
    階級:大将→カークス軍総帥
    年齢:49歳
    出身:地球(ラ・ギアス ラングラン)
    種族:地球人(ラ・ギアス人)
    主な搭乗機:ガルガード、エウリード

    【設定】EX時におけるカークス軍のリーダーであり、元神聖ラングラン王国軍大将。レミアという名前の娘とザシュフォード(ザッシュ)という名前の息子がいる。かなり顔は濃く、おまけに髭がむさ苦しいような顔なのだが、ザッシュにはどうやら遺伝していないようである。きっと彼の奥さんは相当の美人なのであろう、ここらあたりドズル=ザビとミネバ親子の関係を思わせるものがある。

    「たとえ今は大逆者になろうとも、いつか私の行動が正しかったと、歴史が証明してくれるはずだ!」

    【魔装機神・第1章】在りし日の貴重な大ボケな姿が拝見できる。後々とはえらく違う印象で、あの精力的な姿からは想像できないぼけた顔と眠たそうな目で登場する(笑)。それが彼にとって幸せなのかは知らないが、何事もなかったらこのまま過ごせたであろうに・・・とか考えさせてくれるものがある。
     この当時は王都ラングランの防衛を担当していたが、「昼行灯」と裏でささやかれたり、家柄だけで大将になれた、とまで言われるほどの無能ぶりが祟ったのか、度重なるルオゾール一派の王都進入事件の責任を取らされて、カラダミーフィ州に左遷されてしまった。もっともそのおかげでシュテドニアスの王都襲撃に遭遇することもなく、生き残ることが出来たのであるからなんとも皮肉なものである。この後彼は軍隊を率いてシュテドニアスに一矢を報い、その後シュテドニアスの勢力を一時期のラングランの8割を占拠していた状態から、半分にまで盛り返すことに成功する。どうもこの時に脳みそが活性化したようである、が、ついでに野心まで活性化してしまったので、後々の事態をややこしくさせてしまった。
    【EX】主にリューネの章に登場。当初はヤンロンやリューネなどと協力してシュテドニアスの勢力を駆逐していたが、中盤から野心が本格的に開花してきたのか、王位継承順をあえて無視してテリウス王子を王位に戴冠させ、己が権力を握ってラングランを、そしていずれはラ・ギアス全土の支配をも狙おうとした。だがテリウス王子はシュウの手によって奪われ、影武者を立てて誤魔化そうとしたが見破られ、リューネには「だいたいあんたの目、あたしの親父(ビアン博士)にそっくりなんだよ」と言われてヤンロン共々愛想を尽かされ、さらに息子のザッシュまでにも愛想を尽かされて、あげくの果てにルオゾールとまで手を結んで己が野望を実現させようとしたが失敗。結局かつて自分が責任者として開発を進め、計画中止後も密かに自分専用として開発させたエウリードのコックピットの中でその生涯を終えることとなる。最後の瞬間には野心の呪縛から解き放たれたのか、ザッシュの良き父親として死んでいったのが唯一の救いか。
     こうして見るとあまりいいところが無いが、少なくとも彼とて当初は己が理想を追い求めたのであろうことはたしかである、だからと言ってそれが免罪符になるかは別であるが。まったくもってそういうところまでビアン博士そっくりである。もっとも器はこちらの方がかなり小さいが...。
     味方操者としてガルガードを駆って2マップほど加勢してくれるが、大して能力的に高いわけでもなく、ガルガードの性能もイマイチなので経験値の無駄を省くべく後方でおとなしくさせてる人がほとんどだろう。後にエウリードを駆り、ボスキャラの一人として立ち塞がるが、ここではエウリードの性能のおかげもあってかかなり強めに感じられる。やはり世の中は不公平である。
    【魔装機神・第2章】「メモリアル・デイ」で魔装機神操者との決別からリューネやヤンロンとの決戦までを見ることが出来る。一応EXをプレイせずともここを見るだけで全盛期のカークス将軍が理解することが可能。またエウリードに乗っての感動的な散り際もしっかり見る事ができる。
     中盤に彼が極秘裏にカラダミーフィ州に隠しておいたエウリードがラセツによって発見され、以後の戦争を激化させる一因となる。まったくもって死んでからも迷惑をかけてくれる訳だ。ザッシュはさぞかし気まずい思いをしたことであろう。

    (Written by RYUNE&rin.vd&マサキ&Toshi)(97.8.28)

  • ガイア 機動戦士ガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ジオン軍(突撃機動軍)
    階級:大尉
    通称:「黒い三連星」
    出身:地球圏
    種族:地球人
    主な搭乗機:ドム
    CV:政宗 一成(TV)・徳丸 完(劇場版)
    【原作】ジオンのエースチーム、黒い三連星のリーダー。その戦闘力・戦術はジオン内でも高く評価されており、あのマ=クベが「このドムがガイア大尉の部隊に配属されれば一個師団にも勝る」とまで言っていた。
     ジェットストリームアタック戦法の一番前に並ぶ役で、彼の攻撃を躱した者は後の二人にやられてしまう。が、ガンダムに乗ったアムロには効かず、TV版ではマッシュを、劇場版では自分も含めて三人とも沈められてしまった。最前列の彼はTV・劇場版ともにガンダムにドタマを踏みつけられる役であった(笑)。

    「おうわあーっ!!俺を踏み台にしたぁー?!」

    【シリーズ全般】三連星のリーダーだけあり、常にトップのレベルで登場。ばったばったとロンド=ベルを沈めてくれる嫌なキャラである。余談だが、どうも三連星連中はドムが嫌いらしい。EXでは「おれたちなんかドムだぜぇ!?」とか言ってるし、第3次では中盤ドライセンに乗って現れ「こいつは良い機体だ!」とか言って見向きもしない。番外のヒーロー戦記でも「そろそろドム、買い替えようか?」とか「このドライセンとかいうの、いいじゃねえか」とか……。
     初代ガンダムファンとしては彼らの会話は一言一言がドカン!とダメージとなってしまう…
    【第2次】やはり黒い三連星として登場。なお黒い三連星として現れるは一回こっきりで、後の6話「敵要塞を破壊せよ!」では「マッシュ、オルテガの仇ー!!」とか言って襲って来る。この辺りTVライクなのだろうが第3次では2人とも復活している。死んだんじゃなかったのね。悲惨なことにマップの性質上、登場する前にクリアできてしまい、登場したとしても無視されてしまうことが多い。
     なおクライマックス付近の25話「ラストバタリオン再び」でカロッゾ、クエス、ギュネイなどが雁首揃えてる中、ランバ=ラルと共になんとヤクト・ドーガに乗って増援に現れる。このあたりにスタッフの愛が感じられる。が、大方の場合そろそろカロッゾを仕留められる頃なので悲しいかな、無視される事が多い・・・。
    【第2次G】どうもVガンダムのキャラに押されてか扱いが軽くなっている。マッシュとオルテガの仇のエピソードも無くなり、クライマックスの出番すら無い。はっきり言ってEXマサキの章に次いで冷遇されている。
    【第3次】シナリオ「シーサイドパニック」「静寂の中」でのみ出現。出番こそ少ないがキースに「ソロモンの悪夢の次は黒い三連星かよ・・・」と嘆かれたあたりまだ名は通っている。確かに強い事は強いのだが乗機がケンプファーとドライセンではイマイチらしさを感じられない。せめて1度でもドムに乗ってきて欲しかったものである。
    【EXマサキの章】バゴニアの傭兵としてドムを駆って、シナリオ「召喚」にのみ出演。
    【EXリューネの章】展開と選択次第ではなんと仲間になる。しかも分岐のキーパーソン。ここまで扱いが成長したのはやはりスタッフの愛だろうか? ファンにとっては嬉しい限りだが、乗機がドライセンなのはこの際目をつむろう。
    【第4次(S)】フルチューンのドムを駆って出現したり、「老兵の挽歌」で大暴れしたり・・・と、シリーズを重ねるごとに扱いがよくなっている。特にフルチューンドムに乗ってる時はシャレにならん強さなので要注意だ。一応第2次〜第4次まで皆勤賞という頑張り屋さんでもある。
    【F】リアル系最初のシナリオ「立ちこめる暗雲」から登場。序盤のボス格として立ち塞がる。レベルが他の三連星やキャラよりも大抵1レベル上に設定されているため非常に的になりやすい。その分強力なので戦うときにはそれなりに注意。
    【F完結編】数シナリオに出たっきりプッツリと消息を絶ってしまうので、生死すらわからない。乗機もドライセンだけなのでまったく怖くない存在になってしまった…。

    (Written by 藤井 靖一&マサキ)(97.6.27)

  • カイ・シデン 機動戦士ガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:地球連邦軍(第13独立部隊)【一年戦争時】
    階級:伍長→曹長【一年戦争時】
    職業:フリージャーナリスト【グリプス戦役時】
    年齢:18歳【一年戦争時】/25歳【グリプス戦役時】
    身長:168p
    出身:地球圏
    種族:地球人
    主な搭乗機:ガンキャノン、ガンタンク【一年戦争時】
    CV:古川 登志夫
    【原作】サイド7の避難民としてホワイトベースに乗り込んだ、日和見主義の皮肉屋さん。登場早々セイラにひっぱたかれるという屈辱的な扱いを受ける。当初は戦闘参加なんぞしないよ、みたいなことを言ってたが、戦況がヤバクなってきてガンキャノンに乗り込むこととなる。
     おそらくホワイトベースで一番現実を見つめてられる人。内向にむかってまっしぐらなアムロや、男ヒステリーなブライト、自分に自信の持てないハヤトなどと比べると、一歩下がって自分の位置を確認できるだけのしっかりさを持っている。回りをよく見て危なくなったらオサラバ!的な性格だったが、ミハルと出会い、彼女の死を見てもう逃げないで戦う、との意志を見せはじめる。
     性格に似合わずかなり修羅場で経験を積んでそうであった。ミハルをスパイと真っ先に見破り、かつ飄々としてられるあたりかなりのツワモノである(と思う)。連邦への猜疑心もこのころから既に芽生えていたのだろう。
     一年戦争終結後は、フリーのジャーナリストとして、ティターンズを調査。あまり語られてはなかったが、カラバのハヤトとの結びつきから察するにおそらく反連邦組織員となってたのではないだろうか(本人はゴシップ求めてエンヤコラ、みたいなことを言ってたが……)。Zでの出演は少しだったが、出てなくても「なにかやってそう」との雰囲気は、流石カイである。さわぐだけのレコアとは違うのだ。
     ちなみに名前のモトネタは第2次大戦の名戦闘機「紫電改」である。

    「ミハル……、俺はもう逃げねぇ…。お前みたいなのを増やさない為にも、ジオンの連中を叩く。徹底的にな…………!!」

    【第3次】ほかのクルー(セイラ・ハヤト・リュウ)がGMに乗ってるのに彼だけはガンキャノンで参戦。その射程の長さから、序盤はホントにアムロの後方支援で活躍。また、ミハルとのイベントは初代ファンにしか解らないくらいの細かい再現率(「……だ、だれコちゃん!?」とか(笑))であった。スタッフにもファンが多かったのだろうか??
    【第4次】Z同様ジャーナリストとして活躍。軍規に縛られたロンド=ベルに古い友人として情報を回してくれるイイヤツ。戦闘参加してくれないのが非常に残念だ……。出てくれたら、キース降ろしてでもガンキャノン空けるのに(笑)
    【F】シナリオ「コロニーの反逆」終了後のインターミッションにおいて、ダカール付近でロンドベルと接触。エゥーゴ急進派とDCのつながりをこちらに教えてくれる。残念ながら今回もMSに搭乗はしない。
    【F完結編】今度はシナリオ「タイムリミット(後)」の後にジャミトフが宇宙に上がるとの情報を持って登場。なぜか密林から通信している。こうなるとほとんど便利な情報屋であるが、その辺は本人も自覚しているのか、「よう、久しぶりだなブライトさん・・・って、まえにもこんなこと言ったっけな」と、自分で突っ込んでいるのがちと笑える。なお、今回も別れ際に何か情報を仕入れたらまた知らせると言って分かれるのだが、その後は現れない。おそらく別のシリーズのSRWにおいて、情報を仕入れたらまた現れるのだろう(笑)

    (Written by 藤井 靖一&マサキ& )(02.1.2)

  • ガウ・ハ・レッシィ 重戦機エルガイム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:女
    所属:ポセイダル軍→反乱軍
    階級:13人衆→不明
    年齢:17歳
    身長:170cm
    体重:50キロ
    スリーサイズ:B87-W55-H90
    特技:関節はずし
    趣味:ストリップ(?)
    好きなもの:純文学、アメリカンコーヒー
    嫌いなもの:父親
    通称:「きつねのジョン」(幼少時)
    出身:ガストガル
    種族:ペンタゴナ星系人
    主な搭乗機:ディザード、ヌーベルディザード、アローン
    CV:川村 万梨阿
    【原作】13人衆第一席次「サイ・クォ・アダー」を叔父に持つ名門軍人家系に生まれた女性。13人衆での席次は末席の第13席次。しかし、その年齢から考えても、家柄故にその地位を得たと思われがちなため、それが後の反乱軍への投降を促す原因になったとも推測される。
     元々優秀な指揮官としての技量がありながらも、彼女より上の13人衆、ことにネイ・モー・ハンやチャイ・チャーなどが彼女の昇進をなにかと妨害していたのでは? と、本編を見る限り推測できるが、彼女の持つ潔癖さが災いしていたのもあったのではないだろうか(ネイと比較しても、そう思わせるフシがある)?
     当初は、第二席次のギワザに取り入ろうとネイに張り合ったりしていたが、ミズンへ行くために軍の宇宙港へ侵入したダバ達を見つけ、彼らが奪取した宇宙船に潜入。彼らの妨害を行うも、結局は捕まってしまう。その際、どこまでも真っ正直なダバの人柄にふれたことから、彼女はポセイダル軍に身を置く自分に疑問を抱くきっかけとなり、またダバに対して興味を持つようになる。
     何度かの邂逅を経る内に、彼女はポセイダル軍を裏切り、ダバの元へ走る。しかし、末席とはいえポセイダル軍でもエリートである13人衆に所属していた彼女を、キャオやアムは信頼することは出来ず、人の良いダバとしても信じがたいところはあった。ならばと彼女は、彼らの信頼を得るため、女の命である髪を自ら切る。そのけなげととれる姿勢に、ダバは彼女を信頼するのであった。この際、アムは軍に嫌気がさしただけで彼女が反乱軍に身を投じたのではなく、ダバに惚れたからだと言い放つ。レッシィは否定した物の、その際の表情を見る限り、言われて初めて気づいたような表情をしていることから、彼女が男に対して興味がなかったのだろうと思わせ、彼女の潔癖さを浮き彫りさせている。
     ダバ達と行動するようになってからの彼女は、どこかお気楽なキャオやアムに比べ、参謀としての意見を出せる片腕的存在となっていき、またその優秀な指揮ぶりから、反乱軍においても頼りにされる存在となっていった(反乱軍に於いて、早くに信頼を勝ち得たのも、彼女のもって生まれた実直さゆえだろうと思える)。
     しかし、ポセイダル軍の恐ろしさを知る彼女は、現在のやり方では反乱軍の為とはならないと感じ、一人ダバの元を離れ、後にアマンダラより借り受けた戦艦ホエールを駆って、ダバ達の元に現れ、再び彼のために共に戦うようになる。
     この時期のレッシィは、どこか大人びた雰囲気を持っており、以前のようにアムと喧嘩をすることもなくなっている。そこには、アムとは違ったダバへの愛が感じられ、また彼女の力をもっとも生かせる立場へたったとも見れる。とはいえ、やはりダバのそばにはいたいという女心もあり、それを押さえなければならない気持ちとのギャップに涙することもあった(レッシィとて、まだ花も恥じらう17歳の乙女ですからね)。
     最終決戦において、影のポセイダルである「ミアン=クゥ=ハウ=アッシャー」を助けて、彼女を「ラキシスの心臓」へ連れていったことにより、真のポセイ
    ダルと対決していたダバを結果的に勝利に導いたが、そのとき、ポセイダルへの愛を貫き、そのために自らを犠牲にし、そして裏切られたミアンの最後を看取った彼女は、そこにいまのダバに対する自分を見たように私見ながら思えてならない。もし、ダバが自ら正義と思う事を行い、それが結果的に民草にとって悪と言われても、自分は彼への愛故に荷担するのではないか? そういった思いが、あのシーンに於いて、彼女の脳裏に交錯したのではないかと(それゆえ、ダバとの別れで、彼女が、ダバが王とならず一人の人間としてクワサンと共にコアムに引き込むことを妙にホッとしている様に思えてならない。しかし、それが不幸な形であったことを悔やんではいるが・・)。
     原作の前半ではストリップのシーンに代表されるように、アムの対抗馬というイメージが中心だったが、そのけなげにして強い女性というイメージからファンも多く、原作放映当時はもう一方ヒロイン(一応ね)のアムよりも男女問わず人気が高かった。また、ホエールの艦長となってからの、当時としては過激なコスチュームは男性ファンの注目を浴びている(余談ながら、全デザインを行った永野護氏のおこした数々のコスチュームは、それまでのアニメーションに比べ、実に目新しい物であり、センスの良さをうかがわせる)。
     なお、レッシィは当初、美しくない女性として描かれるはずであり、それゆえに自分の力を誇示せんがため努力して13人衆まで上り詰めたが、ダバによって内面の美しさを引き出され、彼を助けていくというキャラクターであった。もし、その設定で放映されていたら、ここまでの人気を得たかどうか難しいところである(それはそれでおもしろそうではあるが・・・)。
    【F】シナリオ「裏切り」においてダバの説得で仲間になる。今回も説得せずに撃墜しても仲間にはなるが、乗機のカルバリーテンプルの改造度が下がってしまうので説得した方がよい。カルバリーテンプルの能力も相成って、終盤まで使っていける。早々に「愛」を覚えるのが意外と役に立つ。
    【F完結編】序盤こそまだ使えるものの、強力なユニットの多い今作では間違いなく二軍落ち。「魂」は覚えるが二回行動レベルが遅いので、頼みのバスターランチャーの真価も発揮出来ないだろう。イベントの方向で見ても全く必要とされず、むしろアムの方が重要なので使うメリットが無い。せいぜいアマンダラに対してのコビ売りくらいしか見せ場がないのは困ったものである。
    (Written by ぴーまん太郎&狼牙神&マサキ)(00.6.27)

  • 係官 オリジナル
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    【F】ジブラルタル打ち上げ基地の係官。シナリオ「ロンド=ベル、宇宙へ」に登場。物資の手配をしてくれた。また、ロンデニオンにも別の係官が出て来るが、こちらの人はラカンに脅されてロンド=ベルを誘導しようとしていたので存在感はあった。
    【F完結編】沖縄の連邦基地の人。ドッグ使用の件でアムロ達との交渉中にいきなり通信をガディに横取りされる。出番はここ一度のみ。
    (Written by マサキ)(98.8.4)

  • 柿小路 梅麻呂 無敵ロボ トライダーG7
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神  F F完結編

    性別:男
    所属:竹尾ゼネラルカンパニー
    階級:専務取締役兼営業部長
    通称:「専務」
    趣味:盆栽
    出身:地球(日本)
    種族:地球人(日本人)
    CV:永井 一郎
    【原作】竹尾ゼネラルカンパニー専務取締役兼営業部長。通称「専務」。12人もの子どもを抱える子だくさんなご家庭である。シュミは盆栽いじり。「専務生活25年」が口癖である。(この「専務生活25年」のくだりは、アニメ版「ド根性ガエル」での町田先生(やはり永井一郎氏が声をあてていた)の口癖「教師生活25年」がもとネタであろう。)
     一見、落ちついている様に見えるが、非常に興奮しやすい(血圧は大丈夫なのか? 笑)。ただ、営業手腕は部下の「木下藤八郎」に比べさすが老獪という感じで、トライダーを売ってくれと申し出た防衛軍に対し「ノー」と答えた後で、シャトルの改造をしてくれれば最優先で仕事の依頼を承るといった駆け引きもうまい。ただ、気性のやさしさからか、燃料代だけで仕事を引き受けたりもする。こういった面が「竹尾ゼネラルカンパニー」を信頼できる会社としてクリーンなイメージを持たせてきた要因かも知れない。(ただ、儲からない要因でもありそうだが 苦笑)。
     遊び盛りのワッ太を、なだめすかして仕事に促したり、間違ったことにははっきりと意見するなど、まさに「カンパニー」における要の人物である。非常に行動力もあり、いざ仕事となれば、老骨に鞭うちつつ、愛用の自転車でワッ太がどんな処にいようがお迎えに参上する。厚井常務とともにトライダーの開発経緯を知る人物の一人でもある。

    「しゃぁちょうぅ〜、お仕事でぇ〜す!」

    【新】軍と絶妙な契約交渉をしたり、ワッ太と口論(?)するリュウセイに対してどこからともなくやってきて一喝したりと、原作同様の専務ぶりをいかんなく発揮している。ストーリーにはまったく絡まないものの、シナリオ間での一服の清涼剤とも言える存在である。

    (Written by 狼牙神&シンちゃん)(02.1.2)

  • カクリコン・カクーラー 機動戦士Zガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ティターンズ
    階級:中尉
    年齢:24歳
    出身:地球
    種族:地球人
    主な搭乗機:ハイザック、マラサイ
    CV:戸谷 公次
    【原作】ティターンズの兵士で、階級は中尉。ジェリド・メサとは「マブダチ」で、第1話ではジェリドが彼の出迎えにグリ−ンノアの空港にやってきたおかげでカミーユ・ビダンとジェリドの因縁が始まる。この時はまだガンダムMkIIのテストパイロットに就任したばかりであった(ちなみに2号機担当。)。
     ところが、MkII3号機をかっぱらったカミーユにコックピットを押さえ込まれて降ろされ、MkIIを奪われるという失態をやらかす。MSに乗ったばかりの子供にやられるとは何とも情けない限りである。おまけにアーガマからMkIIが戻ってきた後、またもやカミーユとエマ・シーンにMkIIを奪われる。これでダメ押し。以後、MkIIを墜とそうと復讐に燃えることになる。
     失態続きのジェリドが月で謹慎処分をくらってから急に活躍の場が増える。エゥーゴ側の情報をキャッチしてアナハイムからアンマンに戻る途中のエマとカミーユを襲撃したり、MS隊の出払ったアンマンのアーガマを待ち伏せてハイザック部隊で襲撃したり、策士ぶりを発揮した。また、ジェリドの復帰嘆願運動(?)も進めて、復帰したジェリドと新型MSマラサイでアーガマを襲う。カミーユに対し「2機で1機に見せる攻撃」を仕掛けるが、いずれも残念ながら反故にされてしまい、かえって自分がただの禿頭のヤラレ役に過ぎないことを強調してしまった。もっともこの多くは彼の責任ではなく、カミーユの反則めいたニュータイプ能力のせいである。
     その後、アーガマが地球圏へ向けて出発してからもしつこく追撃を続け、しまいには大気圏突入時に身動きのとれない(であろう)MkIIを攻撃するという最後の秘策をジェリドの協力の下で敢行するが、運悪く直前に完成したフライングアーマーに乗ったMkIIにはかなうべくも無く、結局自機のバリュート(大気圏突入用のパラシュート状の器具)を破られ、地球上空にマラサイとともに燃え尽きる。
     ちなみに地球にはこいつに似つかわしくないセクシー美女、アメリアという恋人がいた。地球に降下する作戦に結構喜んでいたため、ジェリドにもちゃかされる。しかし、結局彼女の名前の叫びが彼の最期の言葉となった。

    「アメリアァァァァァァ!」

    【第2次G】たいていジェリドとセットで行動する。原作と同じマラサイに乗るが、シナリオ「マリオネット・フォウ」ではバウンド・ドッグにも乗る。能力的にはジェリドよりも低く設定されているが…本人は納得いかない? まあ、原作でさっさと死んでしまったから、仕方がないか…。
    【第3次】序盤にマラサイに乗って登場する。やっぱりジェリドとセットだが、ひとつ違うのは原作と同じくジェリド、エマとトリオを組んでいることである。これにライラ・ミラ・ライラが加わり、エマが抜けてSRWではおなじみの「ティターンズ3人組」が出来上がる(でも、ライラは実はティターンズではないのだけれど)。中盤にギャプランに乗り換えて再登場し、宇宙での恨みを晴らそうとするが、やっぱりあっさりやられるのが宿命である。
    【EX】シュウの章に例の「3人組」で登場。バウンド・ドッグ付きで味方にできる。ただ、能力的に戦力としては少々キツい。おそらくプレーヤーにいいMSを回して貰えず、バウンドドッグでマップの端の方をウロウロしているかもしれない。
    【第4次(S)】今回は愛機はなぜかバイアラン。序盤ではNPCながら味方で勝手に動いてくれるが、中盤以降は敵に。最後の登場となるシナリオ「栄光の落日」ではバウンド・ドッグに乗り換え。能力は数値的にはそれほど悪くはないが、特殊能力が何もないので、やっぱり扱いはジェリド以下。つくづくあわれな奴である。
    【F】本作でもライラ、ジェリドと共にスパロボではおなじみのティターンズトリオで登場する。「F」ではティターンズは一応味方のため、ロンドベルと戦闘になることはない。しかし、苦労して敵基地を制圧したところにのこのこ現れて、おいしいところだけ持っていくため、ある意味敵より印象が悪い。
    【F完結編】今作からティタンーズとロンドベルが本格的に敵対するため、ようやく敵として戦えるようになる。ティターンズトリオでは最も弱く、簡単に倒せる。そして影が薄いまま、シナリオ「新しい力」もしくは「完成!超闘士」にてライラともども戦死してしまう。死に際にアメリアの名を呟いてくれないのは残念。

    (Written by Noboru Uchida&せんざき&ロンド鐘& )(02.1.2)

  • 加持リョウジ 新世紀エヴァンゲリオン
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ネルフ(特殊監査部)及び日本政府内務省(調査部)及びゼーレ
    階級:不明
    年齢:29歳
    趣味:スイカの栽培
    出身:地球(日本)
    種族:地球人(日本人)
    CV:山寺宏一
    【原作】特務機関ネルフ特殊監査部に所属する青年。常に飄々とした態度を崩さず、外見的には無精髭に後ろで縛った長髪、くわえタバコと、絵に描いたような自堕落な男ぶりだが、その外見や態度とは裏腹に相当な切れ者であり、ゲンドウにも重用(というより利用利用)されていた。美しい女性は必ず口説くというポリシーでもあるのか、ネルフ本部の女性陣(ただし、成人のみ(笑))全員に声をかけて、その度に跳ねつけられていた。趣味はスイカの栽培。本部着任以前はネルフドイツ支部に所属していたが、エヴァンゲリオン弐号機及びセカンド・チルドレンである惣流=アスカ=ラングレーにドイツから同行した際、辞令を受けてそのまま本部所属となった。実はミサト、リツコとは大学時代からの友人であり、特にミサトとは同棲状態にあったが、様々な感情の行き違いから一度は離別。が、本部着任以後、焼けぼっくいに火がついて元の鞘に収まった(が・・・)。
     キャラクター的には主人公であるシンジやアスカの良き兄貴分(アスカにとっては憧れの人)とも言うべき役回りであり、とかくシンジたちを道具として扱うことの多かったネルフの人間たちの中で、数少ない精神的後ろ盾として、時に励まし、時に諭し、しばしば印象的な言動を見せている。その意味で特に印象的なのは、第拾九話「男の戰い」でのシンジに対する言葉だろう。友人であるトウジを殺しかけたという罪悪感と、そうしむけたゲンドウに対する怒りからネルフを飛び出したシンジの目の前で、第14使徒ゼルエルにアスカが、レイが倒されていく中、彼は静かにシンジに語る。
    「俺はここで水をまくことしかできない。だが君には、君にしかできない、君にならできることがあるはずだ。誰も君に強要はしない。自分で考え自分で決めろ。今自分が何をすべきなのか」
    この言葉にシンジは奮起して、まさに「男の戰い」を見せたのである(その結果はともかく)。
     だが、その一方で彼はネルフと同時に日本政府内務省調査部所属のエージェントであり、いわばネルフ、日本政府内務省、そしてゼーレの三重スパイというべき存在であった。ネルフ(というよりゲンドウ)の下ではゼーレの目を盗んで胎児化したアダムをゲンドウにもたらし、ゼーレの下ではネルフ諜報部の目を盗んで冬月の身柄をゼーレに引き渡し(そして次にはゼーレの目を盗んで冬月を救い出すのだが)・・・というような彼の行動は、一歩間違えれば卑怯極まりない裏切り者の行為だが、しかし彼の真意は、これらの勢力の内部に食い込むことにより、自分の目的――サードインパクト、そして人類補完計画の真実を知ること――を果たすことにあった。当然それは三つの勢力を巧みに牽制し、自分という存在に利用価値を付加して初めて可能となる危険極まりない綱渡りであり、事実、第拾九話ではスパイ容疑からネルフの任務から外されるに至ってしまう。それでもなお、自分の信念の下に活動を続けた結果、前述の冬月拉致事件を機に、何者かによって射殺されるという結末を迎えてしまうのだった。ついに8年前にミサトに言えなかった言葉を言うことなく、「真実は、君と共にある」との言葉を残して。
     果たして何が彼をしてそこまでの行動をさせるに至ったかは知る由もないが(あるいはミサトに関係があるのかもしれないが)、しかしその遺志は恋人であるミサトの手に――情事の際に手渡されたカプセルの中のマイクロフィルムの形で――渡ることとなり、そしてそれがミサトを立ち上がらせ、ひいてはサードインパクトと人類補完計画を失敗(?)に終わらせる遠因となったのだから、もって瞑すべきというべきか。もっとも、その死がアスカの廃人化の一因となってもいるのだが・・・。
     何はともあれ、登場するキャラクターのほとんど全てがどこか歪んだ、暗い影をひきずっていた『新世紀エヴァンゲリオン』という作品の中で、唯一と言っていいほど、格好良い部分しか現れなかった「大人」のキャラクターであり(そのだらしなさやミサトとの過去も、大人の格好良さを演出するものであると言えよう)、男性視聴者にとっては、男の一つの理想像とも感じられるキャラクターだったのではないだろうか。そしてそのキャラクター造形は、キャラの深み・厚みを感じさせる演技をさせたら若手声優の中では右に出る者がいない山寺宏一氏の声があってこそのものであったことはまた事実だろう。いささか格好良すぎるという気はするものの、この『エヴァンゲリオン』という作品の中で、この加持リョウジというキャラクターが、独特な、そして重要な位置を占めていることは間違いない。彼が退場して以降、堰を切ったように物語が暗い方向に流れていくこととなったのも、決して偶然ではあるまい。もし彼がもう少しだけ長生きしていれば、果たして物語はどうなっていたのか。いささか興味のある問題ではある。
    【F】シナリオ「南海の死闘」からアスカの随伴でドイツから出張、しかしすぐに届け者があると言っていなくなり(この届け物とは勿論アレ)、シナリオ「使徒、再び」からロンド・ベルに同行する。シンジが脱走するシナリオ「ネルフ襲撃」の冒頭では、シンジが外に出ていった事をミサトに伝え、一緒に探しに行く場面も。
    【F完結編】中盤、一時的にネルフ本部に戻ってきたミサトの前にひょっこりと姿を現す。色々と情報を掴んできたようで、ミサトにゲンドウと冬月が会談に向かった事のきな臭さを伝えている。その後、アダムの扉を開けようとしていたところをミサトに見つかり、自分がネルフの監査部所属であると共に連邦政府内務省の調査部所属でもある事を明かす。
     宇宙に出てからは、なんとソロシップ艦内の庭園で西瓜を育てている。戦い続けていればいつかは息切れしてしまう、たまには息抜きもすべきだと傍に来たコスモを諭すが、バッフ・クランから逃げ続けて命懸けの戦いを続けてきた彼には、呑気な軽口にしか聞こえず、逆に「現実から逃げているようにしか見えない」と手厳しい事を言われてしまう。また、シナリオ「崩壊の序曲」では悩むシンジに、立ち止まってはいけない、たとえどんな結果になっても自分から歩き出してみるんだと忠告するシーンもある。
     そして終盤、アダム計画などの自分が知る全ての事を話し、地球へ戻っていく。最後は自らの命と引き換えにゲンドウの計画を阻止、爆発するジオフロントと運命を共にした。間違い無く原作より良い死に方ができたと言えるのではないだろうか?
    (Written by )(02.1.2)

  • ガスパ・アルバレツ 魔装機神系オリジナル
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ラングラン解放戦線
    階級:首領
    出身:地球(ラ・ギアス ラングラン)
    種族:地球人(ラ・ギアス人)
    主な搭乗機:ルジャノール改、バフォーム

    【魔装機神】ラングランの王家を絶対抑圧者と見なし、その打倒を目指す組織「ラングラン解放戦線」のリーダー。実際の所は目的実現のためには手段を選ばず、自分達以外はどうなろうとかまわないという典型的なテロリストである。解放戦線の組織自体はルオゾールやラセツの陰謀に利用されただけだった。
     シナリオ「ラ・ギアス」においてマサキ達の前に最初の敵として立ちふさがり、その一人よがりな理屈でマサキを悩ませることとなる。が、結局の所はまだ未熟だったマサキの心を鍛える結果となっていた。操縦にまだ不慣れなマサキの実戦訓練のような相手であったことから、所詮はマサキの成長を描くための踏み台でしかなかったようだ。
     また、これ以降マサキを倒すことに強いこだわりを持つ。これはマサキに殺されてしまった部下(確認が取れているのはレッカ、ウィノ)の仇をとる復讐のためであったようだ。その凄まじい執念から、かなりの部下思いであった事が伺える。

    「す、すまねえ…レッカ…ウィノ…てめえらのカタキ…討ってやれなかった…」
    (Written by 超合金ZZ&RYUNE&rin.vd&マサキ)(98.2.14)

  • カツ・コバヤシ 機動戦士Zガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:エゥーゴ
    階級:不明
    年齢:15歳
    出身:地球
    種族:地球人(日系)
    主な搭乗機:Gディフェンサー、ネモ
    CV:難波 圭一
    【原作】旧姓カツ・ハウィン。『機動戦士ガンダム』では、同じ戦災孤児のレツ、キッカとともにホワイトベースのお子さま3人組を結成(?)し、重くなりがちなストーリーの中でギャグメーカーとしての役割を立派に果たしていた。カツは3人の中では一番おとなしい最年長者(8歳)で、「VIP」を「VSOP」と間違ったり、アッガイの頭の上でモノアイとコントを演じたりなど割とシブめの(?)ギャグを担当していた。戦後、3人まとめてコバヤシ夫妻(ハヤトとフラウ)に引き取られている。
     次作の『機動戦士Zガンダム』では、すっかり成長していっちょまえの口をきくようになっていた。あのおとなしいカツはどこへ行ったのだろう?
     ハヤトのさしがねでアムロを焚き付けカラバに参加させると、自らもアムロに従ってアウドムラに合流。ガンダムMkIIで勝手に出撃し、ロザミア・バダムのギャプランと一戦交えて初陣を飾った。その後クワトロ・バジーナとともに宇宙に出てからは訓練を積み、エゥーゴのパイロットとして活躍することになる。搭乗機はGディフェンサーかネモ。半々ぐらいの割合で乗っていた。
     それにしても前半視聴者をイライラさせていたのがカミーユなら、後半はその役割はカツにあたえられている。エゥーゴとアクシズが手を結ぶことに感情的になって反対したり、サラにおだてられ、たぶらかされて逃がしてしまったり、そのサラの事がからむと冷静な判断ができずにつっ走り、それを指摘するまわりの人間に逆に噛みついてみたり…。しかも、それを全部屁理屈で理論武装するのだから、たまったものではない。
     彼は反抗期真っ只中の少年の可愛くない部分をぎっしり集めたキャラなのだ。もっとも、彼がそんなだったのも、育て親のハヤトやフラウに対しては引け目を感じて、あまり甘えることも反抗することもできなかったからなのだろう(フラウの方では、彼が自分たちを本当の親のように思ってくれないことに対し、寂しさを感じていたに違いないが)。だから、アーガマのクルーに対する彼の反抗(すなわち甘え)は、むしろ彼の信頼の表れであると同時に、彼の精神にとっては健全な状態だといっていい。可愛くないのは事実だが、少しは大目に見てやるべきだろう。親兄弟でもないのに実際にメイワクを被る側としては、たまったものではないだろうが。
     最後は最終話一歩手前で、ヤザン・ゲーブルのハンブラビにGディフェンサーのコアファイターで(無謀にも)挑み、攻撃をかわすうちに前方不注意で隕石に激突。そこにヤザンの攻撃を食らって死亡した。事故死か戦死か、いまだに評価が分かれるところである。その悲報が父ハヤトに伝わったのは物語が『ガンダムZZ』に入ってからであった。

    「…サラ…また、君にあえるんだね…。」

    【第3次】原作ではクワトロが一応パイロットとしての師匠なのだが、なぜかシャアがいない場合のシナリオ「静寂の中で」に現れる。愛機Gディフェンサーでのご登場なのだが、能力的に魅力のない彼はさっさと降ろされることが多い。SRWでは完全にGディフェンサーの運び屋と化している。
    【第4次(S)】今回はサラとのイベントが再現されているので本望でしょう。サラに逃げられるイベントもあれば、シナリオ「老兵の挽歌」で説得することもできる。
     がんばって育てればニュータイプにもなるし、「補給」も覚える。根性のある人は一軍で使ってみよう。
    【F(完結編)】スーパー系だとシナリオ「ポセイダルの襲撃」、リアル系だとシナリオ「アデレード奪回(後編)」から参戦。スーパー系とリアル系で仲間になるタイミングが大きくずれるが、早く仲間になるからといってメリットのあるキャラでもない。能力値は相変わらず最低ラインだが、育てれば「補給」を覚える。「努力」を持っているので、育てやすいと言えば育てやすいのだが…。なお、今回サラが登場しないので扱いの軽さは過去最高。

    (Written by 楓&Noboru Uchida&ロンド鐘&マサキ)(00.6.27)

  • 葛城ミサト 新世紀エヴァンゲリオン
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:女
    所属:ネルフ(本部戦術作戦部作戦局第1課)
    階級:一尉→三佐
    年齢:29歳
    身長:163cm
    血液型:AO型
    好きなもの:ビール
    出身:地球(日本)
    種族:地球人(日本人)
    CV:三石 琴乃
    【原作】ネルフ作戦指令部長であり、使徒撃退の指揮を取る要職にある人物。階級は三尉だったが、物語中盤で一佐に昇格した。また、弐話においてシンジの(後にアスカも)保護者役を引き受けたことにより、公私ともにシンジ達の上役となる事になる。年齢は29歳。一見脳天気でズボラなお姉さんと言った風情であり、実際、朝っぱらからビールを飲み干したり、レトルトカレーをこの上も無く不味く作ったり、部屋は散らかりまくっていたり、IDカードの年齢の部分を塗りつぶしたりと、その行動、特に日常の私生活等においてはほとんどがその通りなのだが、緊急事態に見せる顔はシリアスそのものであり、また、シンジ達に関して恐ろしく冷めた言葉、態度を見せることもあり、非常に落差が激しい人物である。劇中では、大抵はシンジとアスカの脳天気な保護者と言った描写が大半を占めているのだが、これらの描写は彼女の親しみやすいキャラを引き立て、作品の中の脳天気な部分を作り上げると同時に、それ以外の時のギャップにより、作品全体の雰囲気を引き締めていた。
     作戦指令としての能力は、非常に有能な人物であるように演出されている・・・のだが、彼女が立てる作戦は、対ラミエル戦におけるヤシマ作戦や、落下してくるサハクイエルを受け止める作戦など、良く言えば大胆、悪く言えば運任せと言った物が多く、本当に有能なのか首をかしげるところも無くも無い。まぁ相手が使徒と言うインチキな存在なので、どうにかこうにかでも有効な作戦を立てられると言うのは有能だと言っても良いのかもしれない。
     保護者としても、一見シンジやアスカと微妙に奇妙ではあるがわきわいわいとした楽しい生活を、特に作品前半においては、営んでいるように見えるのだが、家事を押し付けるのはまぁ良いとしても、ただでさえ難しい年頃である14歳、しかも戦争のような状況に投げ込まれ、複雑な家庭環境にある二人を支えているとは言いがたい。特に弐十話から二拾四話の複雑な状況では、これと言ったフォローを二人にしている様子は無いのは問題だろう。最もシンジ達が危機に陥った際などは、大抵ネルフとしての重要時を優先しようとするリツコと感情的に対立する事も多く、また、シンジがエヴァに取り込まれた際に、最も驚き、心配していたのは彼女であり、シンジ達を心配していないという訳では決してない。そもそも彼女は、セカンドインパクトの唯一の生き残りであり、愛憎半ばと言った複雑な感情を持っていた父に命を助けられたという経験をしており(その時受けた腹部の傷は未だに残っている。また、その時のショックで二年間失語症に陥っていた)、推測が多分に入るのだが、そういった意味では、親に捨てられた形であるシンジやアスカの心理が中途半端に分かってしまい、また、自分の復讐の為、シンジ達を利用しているのではないかという負い目もあり、肝心なところになると突き放したり、腫れ物に触るような扱いになってしまい、彼女自身も自嘲した事があるように保護者失格になってしまっていたのかもしれない。彼女自身も自分達を「家族ゴッコ」と呼んだことがあり、家族という物を求めながら、どこかそれに対して引いてしまうという点では、シンジやアスカと同じと言える。
     そんな彼女の唯一の拠り所と言えるのが加持の存在である。大学時代に知り合った(リツコとミサトは同じ大学だが、彼は大学は違うようだ。どこでどうやって知り合ったのかは不明)二人だが、その後別れてしまっていた。父親に似ている男に惹かれていることが、父親に呪縛されている事につながっているという事が嫌だったからだと言うが、しかし八話で再会し、拾五話で一緒に酒を飲んだ後、心情を吐露してからは、急速によりを戻して言った。
     しかしそんな加持は物語途中で射殺されてしまい(余談であるがこの時撃った側が画面上に登場しない為、撃ったのはミサトではないかという説もあったのだが、庵野監督によればゼーレの手による物と言った第三者であるそうだ)、留守番電話に残ったメッセージを聞き号泣する事になるが、その死により、迷いを全て振り切ったのか、映画版25話「Air」では加持の残した情報を元にネルフ、ゼーレの目的をほぼ把握、おりしも侵攻してきた戦略自衛隊迎撃の指揮をとりつつ、もはや完全に腑抜けと貸していたシンジを救出(嘯きながら自衛隊員を射殺する彼女の姿には、薄ら寒い物すら感じられる)。そのままシンジを初号機まで連れて行こうとするが、途中で戦略自衛隊に遭遇、銃撃を受けシンジを初号機に送り出し息絶える。その直前、自らの死を感じながらも、シンジに必死で自分の想いを正直に伝え、自分の意志で進んで欲しいと願うシーン、そして、シンジに「大人のキス」をし送り出すシーンは、エヴァンゲリオンという作品の中での陽の部分のメッセージの集大成であり、自分の意志を貫く事の大事さを伝えた、劇中での屈指の名シーンと言えよう。ただその後シンジは結局フ抜けたままなのであり、彼女の健闘は結局のところ無駄になってしまうのだが・・・。最もシンジが最後で「他者のいる世界」を望んだのは少なからず彼女の言葉の影響もあったのだろうと思えば、それは無駄ではなかったのかもしれない。しかしあのラストシーンを彼女がどこかで見ていたとしたら、一体どのような感想を持つのだろうか?。

    「大人のキスよ。帰ってきたら続きをしましょう。」

     彼女はネルフ内の要職にありながら、本当に詳しい事実をまったく知らないという立場にある。本来ならば謎が多い話においては、主人公たるシンジが謎を解いていく所だが、シンジがあの通りの性格だった為、結果として彼女が一番謎に向かっていく事となり、謎を解き明かしたいと願う視聴者と、比較的近い立場で物語上を進んでいくことになる。また、前半部に特に見られた、彼女の隣のお姉さん的キャラクターが非常に親しみやすかったのもあり、多分に難解な作品世界と、視聴者の間の取り持ちとも言える役目を担う事になった。その結果として、単純な人気ではレイやアスカには及ばなかったが、彼女らには無い非常に親しみやすいという魅力を持つことができた。また、その明るさと謎に向かっていく態度が最終的に、迷いながらも自分の進む道を決め進んでいく事ができる(エヴァンゲリオンという世界では珍しい)、素直に活躍するキャラクターへと彼女を変えていき、「Air」において、主役と言っても良い活躍をさせる事になったのだろう。彼女は物語の中心に立つのは本当に最後だが、その明るさによるムードメーカーとして、作品と視聴者の掛け橋として、そして作品中で主人公を導く人物として、エヴァンゲリオンにおいて極めて重要な、そして印象深い人物であった。
    【F(完結編)】原作どおりネルフの作戦指令である(ただし階級は自衛隊式ではなくなっている)。その後エヴァチームと共にネルフに出向。インターミッションでの顔出しは多いのだが、同僚のリツコがイデの解析など、重要な仕事を行っているのに比べて、単なる作戦解説の様な役割になっているような印象の方が強い。実は、トレーズに証人になってもらう事を提案したり、DC編において、ソロモン攻略におけるバルーンダミーを使う作戦を立案したりと、それなりに仕事はしているのだが、Wガンダム勢を見て逆ハーレムを作るとのたまうなど、どちらかというと原作の脳天気な部分の方が強調されすぎている感がある。また、ラストで加持はネルフ本部で自爆するのだが、その時の反応も正直少々あっさりしすぎで、このイベントそのものが蛇足のような感じがするのも残念。  そんな中で一番インパクトが強いのは、アムロが「ピンチの時助けに来てくれそう」だからという理由で、ジュドーに付き合っている人がいるか聞くイベントだろう。むろんこれはミサトの声優がセーラームーンこと月野うさぎを演じている三石琴野女史であり、アムロを演じている古谷徹氏がタキシード仮面を演じているからである。しかしこのネタをやるのなら、クロを見て何らかの反応をしてもらいたかった気もしないでもない(笑)。


    (Written by )(02.1.2)
  • ガディ・キンゼー 機動戦士Zガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ティターンズ
    階級:中佐(アレキサンドリア艦長)
    出身:地球圏
    種族:地球人
    主な搭乗機:アレキサンドリア
    CV:戸谷 公次
    【原作】ティターンズの巡洋艦アレキサンドリアの艦長。原作では前半(第3話)から登場し、ちゃっかり最終話まで生き残った希有な存在。歴戦のつわものらしく、艦長としての腕はなかなかである。
     登場してまもなく、ゴンドラ(?)で移動中のバスク・オムをエゥーゴからの艦砲射撃から守るべく、「(こちらが反撃すると)位置を気取られる(からまだ反撃するな)」と的確な指示を出し、存在を密かにアピールする。しかし、バスクからアレキサンドリアの指揮を任されたジャマイカン・ダニンガン少佐がへっぽこな奴で(と思っていたようだ)、折角の新鋭艦の実力を発揮できないで不満が鬱屈していたようだ。それでも、月のグラナダで留守中エゥーゴに奪われて色を塗り替えられた巡洋艦サチワヌを”船乗りの勘”で見破り、ここでも密かに実力をアピール。
     その後もジャマイカンの下で月面のフォン・ブラウン市を制圧する「アポロ作戦」に参加するが、このときのジャマイカンはまた姑息な作戦のオンパレードで、ガディ自身も呆れ返っていたようである。そのせいか、直後のコロニー落としの作戦ではアレクサンドリアをジャマイカンに取りあげられ、グリプスで待機する。
     ところが、邪魔なジャマイカンはブリッジに直撃を食らって戦死、鑑は彼の所に返ってくる。このとき、かつての上官ジャマイカンの死を悼むどころか、艦を壊されたことに不平を言い、これでやっとアレキサンドリアの実力が出せる、とまで言ってみせたのである。
     そしてジェリド・メサ、マウアー・ファラオ、ヤザン・ゲーブルをMS隊に呼び寄せ、アーガマ追撃に出る。コロニーの残骸にアーガマをおびき出して2機のガブスレイで撃とうとしたりと実戦経験豊富なところを垣間見せた。また、寝返って間もないレコア・ロンドがアレキサンドリアに居たときには、彼女の予言めいた忠告を受け入れて艦を後退させ、百式のメガバズーカランチャーの直撃を避けるなど柔軟な対応も見られた。
     また、彼のアレキサンドリアは艦長のおかげかメカマンの質もよく、統制がとれていてパイロットの間でも評価は高かった。なかなかに優秀な艦長であったことが伺える。
     戦略についても独自の見解をもっていたようである。再度の毒ガス攻撃に反対して機関部の不調を理由に艦をグリプスに引き返させたり、また、コロニーレーザーでグラナダを脅すバスクの作戦を嫌ってか、ハマーン・カーンのグワダンの監視を命ぜられながらもわざと見逃してコロニーレーザーの破壊を見過ごしたりと、命令されれば遵守するが、自分の見解に合わない作戦には消極的になるといった動きが目立った。生粋のティターンズではなかったのかもしれない。
     最後はグリプスでの最終決戦の際、コロニーレーザーに巻き込まれてあえなく戦死を遂げた。生き残っていれば、戦後の連邦軍でも使ってもらえたかもしれない。

    「命の尊厳を賭けての戦いなのだよ、これは。」

    【第4次(S)】人が足りなくなったため急遽かり出されたのか、ただの名のある一兵士となってしまっている。能力値も並。上記のように目立たないながらも優秀なティターンズの艦長だったのだが。彼が優秀だったというのは原作をじっくり見ないとわからない事実である。
     登場するのはシナリオ「栄光の落日」のみ。ユニットはダブデである。せっかくだからアレクサンドリアに乗せてあげてもいいのだが。
    【F完結編】ティターンズの一員として何度か登場。ストーリーにはそれほど絡まないが、シナリオ「訣別」において再三ロンド=ベルを追い落とす行動を取っていたのが印象的。原作ではティターンズらしさをそれほど感じさせなかっただけに、少々違和感がある。今回は原作通りアレキサンドリアを乗機としているが、能力的にはたいした事がないので非常においしい敵といえるだろう。ティターンズ壊滅後はシロッコと共に行動し、後半の分岐でDCルートを選択すると密かに最終面にまで登場。そのまま運命を共にする。

    (Written by 楓&ロンド鐘& )(02.1.2)

  • カテジナ・ルース 機動戦士Vガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神  F F完結編

    性別:女
    所属:リガ・ミリティア→ザンスカール帝国(イエロジャケット→モトラッド艦隊 シュバッツラッド隊)
    階級:民間人→不明
    出身:地球(中央ヨーロッパ ウーイッグ)
    種族:地球人(ヨーロッパ系)
    年齢:17歳
    主な搭乗機:ゲドラフ、リグ=シャッコー、ゴトラタン
    CV: 渡辺 久美子
    【原作】特別区ウーイッグの豪商の娘。ウッソの憧れの女性である。ベスパの空襲で焼け出され、自分を捜しに来たウッソと孤児となったカルルマンとを伴い逃げている時に、カミオン隊に助けられる。子供が大人の仕掛けた戦闘に参加することをよしとはしていなかったがそれでも非常時と言う事で不承不承カミオン隊の手助けをしていた。そして、カリーンの地下工場で整備員に化けて潜入していたベスパの将校、クロノクル・アシャーにオイ・ニュングと共に拉致されたことが、彼女の運命を決定的に変えてしまったのである。
     その後ウーイッグに帰る機会があったのにもかかわらず、彼のやり方とベスパのやり方を学ぶという理由から(彼の寵愛を受けたためというのもあったが)そのままベスパ軍に入ってしまった。以後、大人しくクロノクルの秘書的存在を続けていたが、影響を受け触発されたのか、彼の野心の達成に次第に手を貸すようになっていく。この頃から徐々に(本来ただのタカビーなお嬢様で何の軍人的素地もニュータイプの素養もなかったはずなのに)、最終的にVガンダムのラスボスにのしあがるまでの成長を始めるのである。軍の中では他の将校達から「厄介者のお荷物」「頭でっかちのお嬢さん」と邪険に扱われ、戦場では、追いすがってくるウッソに責められる。このような状況が彼女を狂わせていったのかもしれない。
     そして遂に彼女はMSに乗り、出撃をする。先輩であるルペ・シノ達のフォローが有ったとはいえ、初陣にして上々の成果をあげる。その後は自分と、クロノクルの前に立ちふさがろうとするウッソや野望の邪魔をするリガ・ミリティアを排除するために彼女は更に高性能の機体を貰い、戦場に打って出るようになっていった。ことにゴトラタンでシュラク隊を落としまくるのをみてVガンを見ていた者の間からは「カテ公はバーサク化した」とか「ハイパー化した」とか噂されたものである。
     強烈な愛情への飢えと両親の不仲があったとはいえ情緒不安定が甚だしい人でラスト付近になるとマリア主義への忠誠もどこへやら、カマキリの雌よろしく、エンジェルハイロゥの上でクロノクルとウッソを戦わせ、勝った方を愛してやると叫んだり、追ってくるウッソをエロガキ呼ばわりしたり、ウッソとシャクティが自分を馬鹿にしていると被害妄想を持ったり、挙げ句の果てには「戦闘が終わったから」と機体の外に出てウッソを誘い、隠し持っていたナイフでウッソの脇腹をぐっさりと刺して一言、「甘いねぇ…」しかも辛うじてそこから逃げおおせたウッソを見て「ちっ、しぶとい!」。このように、クロノクルのやり方とベスパのやり方を学ぶという理由からはどんどんはずれていってしまうのだった。
    第49話で彼女が煽動し、エンジェル・ハイロゥ護衛の為に動員したネネカ隊は未だに語りぐさとなっている。その出で立ちたるや、ギ○ギ○ガー○ズも真っ青の超過激水着で背中にブースター、肩には対Vガンダム用のランチャーを装備。これを提案したのが、カテジナご当人だと言うから恐ろしい。「この戦法は絶対に白いやつに勝てる!」…どういう発想をしたらそうなるのか、是非彼女に聞いてみたいものだ。ちなみにネネカ隊はウッソのVガンごと大暴れの前に敢えなく散った。どう責任を取るつもりだったのだろう。危ない度ではファラ・グリフォンといい勝負だ。
     思春期の少年(ウッソ)の持つ、女の不可解さ不条理さを具現化してハイパー化したその姿は、Vガンを熱心に見ていたテレビの前の良い子にトラとウマをプレゼントしてくれたことでしょう。
     最終回、ウッソとの激闘の末に心身共に蝕まれ、盲目となった彼女は浮浪者にようにさすらう。彼女は河で洗い物をしていたシャクティと再会するが、その時ぽつりと彼女が洩らした一言が印象的であった。「冬になると…何だか悲しくなりません?」彼女はそういい残して小雪のちらつく中を、かつて住んでいたウーイッグへと去っていった。愛に飢え、野心に走り、暴走したその果てがこの姿なのは実に哀れであった。(殺さなかったのは原作者の意図で殺すより重い罰を科したかったらしい。批判的に見れば「神にでもなったつもりか?」といいたくなる。)。
     蛇足だがこの最終回はファーストを別格にすればガンダム史上白眉のものである。名作劇場のように趣きぶかいラストだった。
     カテジナの名前の由来はプラハにある聖カテジナ教会からきていると思われていたが、実際はチェコの作家ルスティクによる抵抗文学『少女カテジナの為の祈り』に登場するユダヤ人のヒロイン、カテジナ・ホロツォヴァーからとられたらしい。この作品のラストで彼女は強制収容所のガス室送りになる最後の時兵士から銃を奪い一人を殺害するものの結局殺されている。「流れに逆らい、そして力尽きて押し流され」た彼女、カテジナ・ルースに一脈通じると思われるのだが。
     なお、小説版Vガンダム「ウッソ・エヴィン」で、彼女は冒頭、ウーイッグ空襲で顔面に大火傷を負うというエピソードがある。さすがに、これはTVでは出来なかったのだろう。

    「戦え…クロノクル、ウッソ…。あたしの手の中で戦いなさい…。 勝った者を、あたしが全身全霊をかけて愛してあげるよ…」

    【第2次G】シナリオ「ストライク・バック」を通るか否かで運命が極端に変わってしまう。通ると原作通りクロノクルにさらわれてしまい、以後敵として登場する事となる。しかし、このシナリオを避けて進めばずっと味方側にいてくれるので、原作で「あんなカテジナさんなんて見たくない」と思った人にはありがたい選択肢である。
     敵として現れる際は、ゲドラフ、ゴトラタンに搭乗。能力値は低いのでそれほど厄介な相手ではないが、どちらも攻撃力の高い機体なので一発に注意したい。
     ウッソとの会話イベントが多々存在するが、一回でも逃すとそれ以降発生しなくなるのでイベントを極めたい人は登場する度に必ず一回はウッソで攻撃を仕掛ける事。
    【新】宇宙編のシナリオ「心」にてオイ・ニュング伯爵と共にクロノクルに連れ去られる事になる。こちらは第2次Gとは違って確実に通るシナリオであるため、回避手段は一切無い。余計な抵抗は無駄である。
     能力値的にはその辺のシュラク隊とさほど変わらないが、切り払いやシールド防御といった特殊技能のレベルが比較的高いので、意外に倒すのに手間取るかも。加えて、何故か強化人間になっているため、実際には能力は設定値よりもやや高くなっている点にも注意したい。なお、1シナリオで2回3回登場する事もあるので、相対する回数は非常に多くなる。特にゲドラフやブルッケングに乗っている時は倍戦うことになるので、さっさと沈めてしまいたいところである。また、前のシナリオで自分を倒した相手だけを狙うようになるといった、彼女のしつこい性格をうまく表現したイベントも存在する。
     要所要所にウッソとの会話イベントもあり、最後の登場となるシナリオ「戦場に響く鈴の音」では「それまでに8回以上戦っている」という少々特殊な発生条件ではあるものの、しっかりと原作の最終回を意識したやりとりも見せてくれる。

    (Written by NOV&ながえ&DARK&Zephyranthes)(02.1.2)

  • ガテゼルク 魔装機神系オリジナル
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:不明
    所属:なし
    種族:下級妖魔
    主な搭乗機:デモンゴーレム

    【EX】マサキの章において、ソラティス神殿のコンピュータ「REB」を乗っ取ることとなる爬虫類めいた容貌の下級妖魔。本人は全知全能にして高貴なるとか言っていたが、所詮は擬似人格を乗っ取っただけであった。が、場合によってはルオゾールの陰謀の結果ではあるがイブン大神官を倒してしまうこともある。一応戦うことも出来るが、その場合のユニットはデモンゴーレム(強)……やはり下級であったようだ。
    (Written by rin.vd)(98.2.10)

  • ガデム 機動戦士ガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ジオン軍(宇宙攻撃軍補給部隊)
    階級:不明
    出身:地球圏
    種族:地球人
    主な搭乗機:旧ザク、パプア
    CV:水鳥 鉄夫
    【原作】ジオンの旧式補給艦パプアの艦長。ガンダムによって手持ちのザクを落とされたシャアに、ドズル中将が送った補給をとどけようとした老軍人。シャアのムサイに補給のザク数機を送ろうとしたところ、ホワイトベースに発見され、艦を撃沈された。が、根性で補給を完了させるため、武器ももたない旧ザクで出撃。ガンダムに体当たりを敢行、ひるんだ隙をつこうとしたが……、ビームサーベルであえなく撃沈されてしまった。
     だが、この戦いでシャアは連邦の新型MSが素人の操縦ではないか、と気付く。彼の死はムダではなかったのだ。
    「あれかーァ!連邦の作ったMSってのは!」
    「にわか作りの連邦のMSなぞ、一撃で倒してみせるわ!」
    「素人め!間合いがあまいわ!!」
    などなど、非常にアツい親父であった。もしかして、東方先生のモデル!?(笑)
    【第4次(S)】原作と同じく旧ザクで出撃。なんと結構ダメージが馬鹿にならない。なめてかからず、一気に破壊してしまうことをオススメする。
    (Written by 藤井 靖一)(96.12.27)

  • カトル・ラバーバ・ウィナー 新機動戦記ガンダムW
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:なし→ホワイトファング
    年齢:15歳
    身長:156cm
    体重:41kg
    アイカラー:ブルー
    ヘアカラー:プラチナゴールド
    出身:L4コロニー群
    種族:地球人
    主な搭乗機:ガンダムサンドロック、ガンダムサンドロック改、カンダムサンドロックカスタム、ウィングガンダムゼロ
    CV:折笠愛
    【原作】ガンダム04ことガンダムサンドロック(並びに同改、カスタム)のパイロット。部下としてマグナアック隊を持ち、非常に余裕のある生活をしているなど他のガンダムパイロットとはかなり趣の違う人物である。性格的にも、デュオと並んで珍しく明るい性格をしており、基本的に争いごとを好まないと言う点では唯一のガンダムパイロット(デュオはあれで結構好戦的)。また、天蓋孤独な他のガンダムパイロットと違い、劇中で明確に大富豪ウィナー家の息子であると言う事が示されており、血縁関係がある人間が登場するのも(ちなみに彼には29人の姉がいる)ガンダムパイロットでは彼だけである。その他にも様々なシーンでやたらと悩んだり謝ったり、声を演じているのが五人の中で唯一女性だったりと、ナイーブな印象が強いキャラである。劇中でも最初に他のガンダムパイロット(トロワである)と仲間になろうとした人物であったり、戦闘中に敵のことを気づかったりと他のパイロットとは一線を画すキャラクターの持ち主だった。
     しかしそのナイーブさは戦争の中ではマイナスに働くのか、次々と起こる様々な事態に人一倍心を痛めつづけ、シンガポール宇宙基地ではデュオと五飛を宇宙に挙げる為、サンドロックを自爆させることになってしまう。そのままシャトルで宇宙に上がったカトルは危機一髪の所を旧連合兵士により助けられ、宇宙を漂流する事になる。幸い初対面の姉であるイリアに救助され、ひと時の休息を得るのだが、そこでコロニーの強硬派に父が殺されてしまい、怒りに燃えるカトルは残されていた設計図からウイングゼロを製作。それに乗り込むことによりバーサーカー化し、様々な凶行を行う事になってしまう(この辺りの事は、キャラ名鑑「カトル・ラバーバ・ウィナー(ゼロモード)」)を参照されたし)。
     実は彼の劇中での性格は昔からの物ではなく、自らが試験管ベビーではないかと疑っていた彼は(実際彼の29人の姉は試験管ベビーらしい。彼自身は違う)自分の存在そのものを無意味な物と考えているような少年だった。マグアナック隊と出会う事によりこの性格は直ったのだが、この辺りのダークサイドとも言える部分や、今まで起こった様々なストレスなどが、父の死と言う物をきっかけに噴出したのかもしれない。
     トロワの献身によってゼロシステムの呪縛から抜け出した後はヒイロと共に地球に降下。自分の行動に対する罪の重さから、自分が何をすべきか見つけられず、とりあえず行動を起こすことのできるヒイロと微妙に考えがズれていたものの、避難民の一人から完全平和主義を唱えるサンクキングダムの存在を知りそこを守る事を決意。ヒイロ共々サンクキングダムに入国し、白いトーラスや、ロームフェラの本格侵攻を前にマグアナック隊から受け取った、サンドロックに乗り戦ったが、結局抵抗及ばず陥落。その後はノインと共に宇宙に上がり、程なくハワードのピースミリオンや他のガンダムパイロットとも合流する。トロワが記憶を失っていた事や、他の4人が上手くまとまってくれない事など、当初はピースミリオン内部でも悩む性格を引きずっていたが、ヒイロが指揮の為にゼロシステムをサンドロック改に搭載するという荒療治を行い、ゼロシステムに取り込まれず指揮をやり遂げた事から自信を取り戻し、以後はゼロシステムを使用せずガンダムパイロット達の指揮をとっていた。物語前半から、マグアナック隊を引き連れたり、ドクターJに5人をまとめる事が出来る人物だと言われるなど、当初から5人の中でリーダーを勤めうるキャラの位置付けであったが、この時点で初めて、リーダーを務めうる人物になったと言えよう。
     ところで、カトルがたびたび口にする「宇宙の心が〜」云々の台詞、正直この台詞は、なんだか宇宙の誰かから電波を受けているようで危ない感じがしないでもないが、ヒイロがゼロに初めて登場し暴走したさい、彼が考えたリリーナについての事をおぼろげながら感じ取った事や、『∀ガンダム』作中においてWガンダムの世界も宇宙世紀ガンダムと同一世界にあると判明した事から考えると、彼のこの一連の感受性は一種のニュータイプ能力だったのかも知れない。そう考えると、彼が劇中で極めてナイーブだったのも頷ける。
     この極めて高い感受性が最も役に立ったのが、ピースミリオン内においてのドロシーとの決闘ではないだろうか。ドロシーがぶつけてくる激しい生の感情を受け止めることができるのは、五人の中で彼しかいなかっただろう。相手に剣で狙われ、刺されながらも、相手を思いやれる優しさというのは、戦闘では必要ないものかもしれないが、それを持っていることこそが彼の強みであり、良さなのだろう。
     『エンドレスワルツ』では、太陽に送ってしまったガンダムを回収する為一人奮戦、回収した後はそのままデュオ、トロワと共に交戦に入る。戦闘が終わり、ガンダムを回収した後どうしたかは不明だが、彼の社会的立場などを考えれば5人の中で、最も表舞台で活躍したのではないだろうか。
    【F】中盤以降他のガンダムパイロット同様ロンドベルを襲撃するべく登場。他のガンダムパイロットに比べて早いうちからロンドベルに対して疑問を持ち出すのは彼らしい。しかしプレイヤーとしてはそんな事にはお構いなしに、必中つき攻撃で一撃で倒されるのがほとんどなのだが。
    【F完結編】シナリオ「アクシズの攻防」においてようやく仲間になる。ガンダムパイロットの中では最も早く仲間になるのだが、その為に原作では一切関係ないアムロかカミーユで説得する必要があるのは納得がいくような行かないようなイベントである。また彼を仲間にし損ねると他のWガンダム勢も仲間に出来ず、下手をするとバッドエンディングであるエヴァルートへ進んでしまうので、その辺りは注意が必要。
     仲間になった後はなぜかシンジと妙に仲良くなるのが印象的。確かにそのナイーブな点や、戦闘を忌避する点などは似ていなくも無いが、いざとなれば殺人も厭わない彼とシンジでは決定的な差があるはずなのに、その点が無視されたのは残念である。
     一番原作を再現したイベントとしては、シナリオ「ソラと大地とけもの」において、宇宙へ上がる仲間を守る為に自爆するイベントがあるが、発生条件が複雑なので発生しない事も多い。またイベントを起こす、起こさないに限らずその後すぐにロンドベルを離れ、その後登場する時はゼロモードなのだが、その後DC編を選んだ場合はもう仲間にはならない。仮に仲間にした場合も、パイロット能力、並びにサンドロックともあまり強いとも言えないので、使えるキャラとは言いがたい事などはっきり言って扱いは悪い。ただWパイロット勢で唯一幸運を持っているので、ゼロに乗せて資金稼ぎに使うのも一つの手であるが。
     なおポセイダル編を通った場合でも、シナリオ「砂上の楼閣」においてNPCであるヒイロとトロワを8ターンまで守り、なおかつそれまでカトルを沈めずに置くというやっかいな条件を達成した時に初めて、シナリオ「塗り替えられた地図」でヒイロと共に復帰するので注意が必要。
    (Written by )(02.1.2)

  • カトル・ラバーバ・ウィナー(ゼロモード) 新機動戦記ガンダムW
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    【原作】OZに煽動されたコロニーの人々に父を殺されたカトルが、独力でウイングゼロを完成させ、怒りと悲しみの念とゼロシステムにとらわれて発○…いや暴走した姿。宇宙の全ての武器を憎むあまり、OZのMSはおろかコロニーまでもウイングゼロで破壊。ついにはその行動を止めようとしたヒイロとトロワが搭乗するメリクリウス&ヴァイエイトにまで襲いかかるが、トロワの自らの身を擲っての説得にようやく正気を取り戻した。「普段まともな奴ほどキレると怖い」の法則を見事に体現したキャラである。一部ファンの間では、折笠愛氏の「だぁめなんだよぉう!」という独特のボイスで有名(笑)。
    【F完結編】シーマにサイド2にいた父を殺されたカトルが、復讐の念(とゼロシステム?)に暴走した姿。キチンと顔グラフィックも普段と違っている。「だぁめなんだよぉう!」ももちろん健在。
    (Written by 三田門人)(00.6.23)

  • 兜剣蔵 グレートマジンガー
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:科学要塞研究所
    階級:所長
    出身:地球(日本)
    種族:地球人(日本人)
    CV:柴田秀勝
    【原作】グレートマジンガーの開発者にして科学要塞研究所所長。父・兜十蔵を助け、当初はマジンガーZの開発に携わっていたが、武装関係の実験中(光子力炉のテスト中との文献もある)に事故に見舞われ、助手でもあった妻を亡くし、自らも一度は死亡する。しかし、十蔵の手によってサイボーグとして蘇り、折りしもDr.ヘルとは別に世界征服を企むミケーネ帝国の存在を知った彼は、マジンガーZ開発を十蔵に任せ、自らはミケーネの情報収集、ならびに彼らに対抗できるロボットとその操縦者の育成、また、それをバックアップする科学要塞研究所の建設などを隠密裏にはじめるのだった。その間、息子である甲児・シローとは、一切の連絡を絶ち、死んだこととしていた。ほとんど機械の身体となったことが、二人との接触をたった大きな要因ではあるが、ミケーネとの来るべき凄惨な戦いを予感し、今は親子の情を振り払わねばならないといった不退転の決意もあったのだろう。
     その後、父・十蔵の遺産であるマジンガーZは、剣造の息子・甲児の手に委ねられ、長き戦いを経て、Dr.ヘルの地下帝国を壊滅させる。しかし、ついに出現したミケーネ帝国によって、甲児とZは完膚なきまでに叩きのめされていく。それまで、どれだけ息子がピンチになろうと、あえて助けの手を差し出さなかった彼は、ついに鉄也に出撃の命令を発する。グレートの力によって、甲児は助かったものの、しかし、剣造は彼の前には姿を見せなかった。それは、戦いはまだ始まったばかりであり、いま自分が肉親の情に流されてはいけないという気持ちからもあったのだろう。父と息子は言葉を交わすことなく離れ離れとなる。また、日本に残ったシロー(赤子だったため、父の顔をしらない)にも、長らく自分が父親であることを話すことはなかった。
     しかし、機械の身体とはいえ、剣造はまぎれもなく人間であり父親である。ついに彼はシローに真実を話す。しかしシローには、今まで手を差し伸べなかった父を、父と認めることはできなかった。Dr.ヘルとの戦いで、何度も兄・甲児が危険にあい、また自分も幾たびも死と直面することがあったというのに、なぜ助けには来なかったのか? そんなシローの問いに、剣造はどうしても答えることはできなかった。だが、研究所の危機に際しても、指令室から一歩も引かずに最後まで戦う姿勢、そして機械の身体ゆえに息子たちの前に出られないコンプレックスを持っていたことを知ったシローは、初めて彼を父と認めるのだった。
     戦いが凄惨を増す中、シローや、第二の息子と娘である鉄也・ジュンとの親子としての繋がりは、さらに剣造を戦う父親として強くし、また彼らのよき道標であろうとした。だが、最終決戦時、彼の思いとは裏腹に、急遽帰国した甲児に嫉妬する鉄也のため、二人の息子達は連携できず、最大のピンチを迎えてしまう。それを助けんがため、剣造は科学要塞研究所で無敵要塞デモニカに体当たりをかけるのだった。
     瀕死の父を抱き起こした甲児に、剣造は、自分にとっては、甲児も鉄也も自分の息子としてわけ隔てなく接している気持ちであったことを告げ、誰にでも暖かで大らかな心をもって接してくれと言い残し、息子の胸の中で死んでいった。
     彼の死によって、甲児は鉄也に対するわだかまりを捨て、また鉄也は(剣造が死ぬ前にだが)、自分のちっぽけな僻みやプライドが皆に迷惑をかけていたことに気づき、二人はついに本当の兄弟の様に手を取り合って戦い、ついに強敵ミケーネを退けるのだった。おそらくその姿を剣造は草葉の陰でたのもしく思っていたにちがいない。
     さて、以上はTV版での剣造の姿であるが、これとは違った印象をもって彼が初登場したのが、傑作の誉れ高い『マジンガーZ対暗黒大将軍』である。この中での剣造は、非常に謎多き人物として描かれている。当初、預言者として甲児たちの前に姿をあらわすと、ミケーネの侵攻を伝え、甲児の危機に際して、ついにその姿をかなぐり捨て、グレートマジンガーへ出撃命令を下す。一見すると、その服と容貌から、戦う科学者的(ある意味マッドサイエンティスト的)な印象である。本編内では、(甲児の写真に映ってはいるものの)父親という立場を明かさなかったせいもあるが、その言動(声優は大塚周夫氏があてている。なお、TV版では柴田秀和氏が担当)とりりしさには、TV版にない魅力がある。しかし、劇場版の剣造はヒーロー的であったものの、そこには、TV版で見られる父としての苦悩やサイボーグとなった悲しみ、そういった印象は微塵もない。もし、劇場版の剣造でTV版の『グレート』が制作されたなら、あそこまで大きな心をもち、かつ魅力的で強い科学者といったイメージは生まれなかっただろう。
     もう一つ、剣造は、それまでの所長という役職のイメージを変えている点も面白い。前作である弓教授は、前線には赴かず、常にバックアップに努めているといった印象が強かった(といっても、敵は光子力研究所に進行してくるので結局は矢面に立たされていたが)。しかし、剣造の場合、自らが皆を鼓舞して戦う、ある意味でアクティブな所長というイメージを見せてくれた。その点でも、『グレートマジンガー』という作品を支えていたように思える。

    「甲児、シロー、またおまえたちを孤児にしてしまうな…。」

    【F完結編】科学要塞研究所所長として初登場。シナリオ「絆」において甲児の危機にグレートマジンガーとビューナスAを派遣する。シナリオ終了後、声のみで甲児と会話を交わすが、最後まで父親であることは名乗らなかった。それ以後出番はないのだが、大戦後に親子の再会はあったのだろうか…?

    (Written by )(02.1.2)

  • 兜 甲児(かぶと こうじ) マジンガーZ
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:東上学園高等部→NASA→宇宙科学研究所
    階級:なし
    年齢:16歳→19歳(推定)
    出身:地球(日本)
    種族:地球人(日本人)
    主な操縦機:マジンガーZ→TFO→ダブルスペイザー
    趣味:バイク
    CV:石丸 博也
    【原作】元祖・巨大ロボットパイロット。世界的な科学者・兜十蔵の孫で、Dr.ヘルの配下・あしゅら男爵に殺害された祖父の遺志を継ぎ、密かに祖父が建造した無敵のロボット・マジンガーZと共にDr.ヘルの地下帝国に立ち向かう。オートバイが趣味で、テクニックは抜群。また兜家の血筋かメカニックに対するカンも鋭く、こうした素地を活かしてZを操縦する。
     マジンガーZと出会った時は東城学園高等部に通う16歳の少年で、祖父の十蔵と弟のシローと3人で暮らしていた(通いのお手伝いさんがいる)。性格は明るく短気でおっちょこちょい、正義感が強く引くことを知らない不屈の闘志の持ち主。今から考えると非常にステレオタイプなキャラクターだが、逆に云えば彼のキャラクターがそのままロボットアニメのステレオタイプになったとも云える(尚、兜甲児のキャラクターの解釈は、当時の脚本家の間で統一されていなかったため、話数によってずいぶん印象の違うことが多い)。
     長く苦しい戦いの末、Dr.ヘルを倒した後は、さやかと共にNASAのワトソン博士の元に留学している。あんな頭の悪い甲児が留学なんて!と云う心配をよそに、しっかり研究者になっている。これも兜一族の血筋の賜物か?ミケーネとの最終決戦において帰国、再びマジンガーZを駆りグレートと共に夢のダブルマジンガーを実現するが、彼の登場により剣鉄也はすっかり主役の座を食われてしまう。このことは、後に人気シリーズの続編では“前作の主人公はけっしてその愛機に乗せて登場させない”と云う教訓を残すことになる。アムロが『Zガンダム』で“ガンダム”に乗らなかったのも、この教訓があったからである(たぶん)(もっとも『グレンダイザー』では、甲児はロボットに乗らず3枚目役であったにも関わらず、デュークフリードの主役の座はかなり危うい物であった)
     ミケーネ帝国との戦いの後は、UFOの研究に携わり宇門宇宙科学研究所に務めるが、ここでデュークフリードと出合い、再びベガ星連合との戦いにその身を投じることになる。『マジンガーZ』の初期では、かなり自分勝手なところが見られたが、この頃になるとすっかり成長して、落ち着きのようなものが見られるようになる。
     さやかとマリア、二人の女性に想われフタマタで知られるが、実はこれは正確ではない。確かに二人の女性に想われ、また甲児自身も憎からず想っているが、彼の好みは家庭的で芯の強い女性であり(この辺り両親を早くに亡くしたため、マザコンの気が見られる)、マジンガー3部作を通じて彼が最も本気で好きになったのは、牧葉ひかるである(たぶん)。『グレンダイザー』最終回の別れでも、彼の意識はもっぱらデュークとの別れに向いていた(ちょっとマリアがかわいそう)。

    「出たな!Dr.ヘルの機械獣!!いくぞ、『マジーーーン・ゴーー!!』」

    【第2次】パイロット制が採用されたこの作品よりずぅーっと参戦の最古参兵。じつはアムロ・リョウと並んで旧シリーズの主役のひとり、と言う設定である(あまり生かされているとは思えないが)。
     中盤、愛機マジンガーZに代わりグレートマジンガーに乗り換える。
    【第2次G】鉄也も登場するので一段下がった性能のマジンガーZ(JS)でじっと我慢である。作中、何故か鉄也を「鉄也さん」と呼ぶ(原作では「鉄也君」)。
    【第3次】戦闘力・精神コマンドが主役級のくせに平凡(特に熱血の覚えが恐ろしいまでに遅いのは致命的)。であるからして、中盤以降は「幸運を持つマジンガーレディース」に(ただでさえ見劣りする)Zさえも与え、残りの余生をダブルスペイザーとともに倉庫の中で過ごす、という可哀相な運命が(人によっては)待っていた……。
     第2次でファンに無断でグレートに乗った事でかなり叩かれていたらしく、鉄也に出会うなり「今までどこ行ってたんだよ!?」と文句を言っていたが、それは勝手に乗ったお前が悪いんだろうが(笑)。
    【EX】さやかとともにラ=ギアスに召喚される。ここからスタッフの思い入れにより“対等の親友”マサキ・アンドーを得ることとなった。
     初戦闘にはしゃぐミオに、「戦いってのはそんなに楽しいもんじゃない。俺も昔はお前みたいに思ってたんだ…まあ、いつかわかるさ。」てな事を言って諭していた。過去2回の大戦が、只の高校生(もう研究者、かな?)だった彼を「戦士」に鍛え上げてしまっただろう…。それがよかったのかどうかは定かではないが。
     今作でもマジンガーレディースの台頭により戦闘出番はけして多くない(悲)。
    【第4次(S)】最古参の貫禄だろうか?何故かオッサン臭くなって登場(笑)。愚痴はいうわ、クシャミは大きいわ、ギャグには乗るわ(耳クソを自慢まで!)と3枚目丸出しである。そのおかげか、結構キャラ立ちはしていたが……(苦笑)。
     近距離戦闘の高さと追加された精神「鉄壁」のおかげで、マジンガーZで大活躍。であるが、決戦用ではなくカベとしての登場が多いのはやはり悲しい……。
    【新】前作までと一転して、若々しくなって登場。さやかがリュウセイや藤原忍に優しくしてもらうとつっぱる、という悲しいくらいのラブコメキャラ扱い。ウッソが弟シローの代わりのように慕ってくれるが、戦闘力の差は、後半彼をウッソの世界に侵入禁止に…(笑)。
     結構命中・回避は高い男なのであるが、精神「気合」を持たない為マジンパワーがフェイスオープンやゴッドシャドーほどの頻度では開放出来ない。…使いにくさは相変わらずだ。
     藤原忍を「藤原」と呼ぶため、獣戦機隊は彼を葉月博士と間違いそうになるらしい(笑)。
    【F】マジンガーZのパイロットとしてスーパー系なら第1話から、リアル系ならマジンガーチームとの合流シナリオ「ヒイロとリリーナ」からいつものごとく登場。ガンダムファイター級の格闘能力に「必中」「熱血」「鉄壁」さらに「加速」を備え、まさしくマジンガーに乗るために生まれたようなパイロットになっている。当然マジンガーに乗せれば大活躍が見込めるが、資金面の都合でさやかにその座を奪われ後方でひっそりと修理に勤しんでいることもある。
     新規参入作品が多い今作、スーパーロボット乗りの最古参としてゲッターチームと肩を並べるが、ゲッターの流竜馬がリーダーシップのある落ち着いた、ほとんど円熟の感さえ漂う人物であるのに対し、相も変わらず熱血直情まっしぐらの甲児は「古典的スーパーロボット乗り」の典型としてあちこちで引き合いに出される。特にエヴァンゲリオン系との絡みが多く、戦う理由を「かっこいいから」と答えアスカにバカ呼ばわりされるシーンなどは新旧双方のファンにとってそれぞれの視点から印象深いだろう。他にも「人造人間もロボットも同じだろ」発言など、全体に旧世代のロートル扱いされている感があるのが悲しい。
    【F完結編】ユニットの力不足のため、マジンカイザーの登場までは活躍らしい活躍ができない。唯一地上編シナリオ「絆」でだけ、マジンガーチーム総出で機械獣・戦闘獣・メカザウルスを蹴散らす痛快な戦いが楽しめるくらいである。またこのシナリオでは父・兜剣造も登場するが、結局ゲーム中で甲児が彼の正体を知ることはなかった。終盤になってマジンカイザーが登場すると、それまでの鬱憤を晴らすかのように大暴れしてくれる。が、F以上に資金繰りがシビアになっているためやっぱりさやかに持っていかれることも多々ある。
     アスカとの掛け合いはキャラとして定着したようで、コミックなどでも頻繁に描かれている。さやかは二人を評して似た者同士と言っていたが、ごく表面的な部分(喧嘩っ早いとか)を除けば実のところそれほど似ているとは思われない。「肉親の死を背負ったスーパーロボット乗り」という点こそ共通しているが、トラウマとプライドにがんじがらめになったアスカに対し甲児はそのどちらからも縁遠く、悪く言えば鈍感であり、よく言えば強靱である。この二人のカップリングが面白いのは表面的な性格が似ているからではなく、そうした対照の妙があるからだと言ったら穿ちすぎだろうか?

    (Written by Mynote&藤井 靖一& )(02.1.2)

  • カミーユ=ビダン 機動戦士Zガンダム
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:エゥーゴ
    階級:不明
    年齢:17歳
    身長:168cm
    趣味:メカニック
    特技:空手
    出身:旧サイド7 グリーン・オアシス
    種族:地球人(日本人)
    主な搭乗機:ガンダムMk-II、Zガンダム
    CV:飛田 展男
    【原作】Zガンダムの主人公。中盤までは父フランクリン=ビダンの手によって設計されたガンダムmkIIに搭乗するが、後半自らが基本設計を行ったZガンダムに乗り換える。
     基本的にアムロ・レイに似て、根暗でひねくれた性格を持った、全くかわいげのない少年である。親に愛されなかったせいでそうなったようであるが、カミーユのマザーコンプレックスは他にもエマ・シーンやレコア・ロンドへの強い執着となって表れていた。
     アムロとの違いは、まずその性格の顔に似合わぬ短気さ、凶暴さである。ジェリド・メサに女のような名前を小馬鹿にされたのに怒り、大暴れしたあげくにmkIIを強奪して、良く知りもしなかったエウーゴに参入してしまう序盤のとんでもないイベントに、それは良く表れている。そのおかげでティターンズによって両親が殺されてしまうことになるのであるが。たとえて言うならば、基本的にいじめられっ子タイプなのだが、怒ると刃物(彼の場合は空手)を振り回し一家四人を虐殺してしまうような人物、といったところか。お友達になりたくないタイプである。もっとも、アムロ同様シリーズを通して人間的に成長していくので、後半の彼からはこのような欠陥だらけの少年、といった印象はほとんど受けない。
     さらに、戦争に対する考え方、というのもアムロとカミーユの大きな違いだろう。アムロの場合、基本的にあまり考えないタイプ、というか、「戦いの意味など戦っていればそのうち分かるさ」といった感じなのだが、カミーユの場合は、フォウの死などによって後半では重大な使命感を感じるようになってきており、たまに見せる年齢に似合わぬ悟りきった表情や、全く当然のように自らをも巻き添えにしてシロッコやハマーンをコロニーレーザーの露としようとする行動は印象的。はっきり言って最終回に発狂してしまう前からすでに、「あ、こいつ死ぬわ」って感じなのである。
     ニュータイプ能力は非常に高いものを持っていたようだ。すでに第一話の時点でそれは現れていたし、アムロをして「ぼくより見込みがある」と言わしめたほどであるから。もし発狂せず無事に生き延びることが出来て、その後も戦闘経験を積んでいたらアムロを確実に越えていただろう。

    「わかるまい! 戦争を遊びにしているシロッコには、この俺の身体を通してでる力が!」

    【第2次】ゲームそのものが彼を救出する事から始まる。救出されたらされたでアムロにうかつだとお説教をくらうが相手がグランゾンじゃあ仕方ない。序盤は接近武器しかないもののそこそこ活躍してくれる。後半ハイパーメガランチャーを装備してからは鬼人のごとき強さを見せるが、水中及び間接攻撃無効の相手にはめっぽう弱い。だけど最後までいるので重点的に育てるべし。
    【第2次G】Vガンのシナリオが加わったせいか救出が遅れる。しかも救出シナリオはシュラク隊との合流との2択なので、自力脱出するハメになることも多い。ルートによってはフォウも説得できないし、ある意味、冷遇されている。
    【第3次】ガンダム系最強のパイロットとして活躍(なぜか幸運を持っていたせいである)。初登場時からいきなり精神コマンドが全部揃っているというツワモノぶりである。だが第3次以降は礼儀正しく最強の座をアムロ・レイに譲り渡したようだ。なお最後にシロッコのトドメを彼で刺すとお約束の精神崩壊をおこすので注意(特にラグナロク戦を控えてる人)。まあフォウがいれば万事オッケーなんだけど。
    【EX】アムロ、ファとともにリューネの章に参戦。アムロとそう変わらぬレベルで2回行動ができるようになるためアムロと2大双璧として敵を脅かす。Zの使い勝手もあってエースとして活躍できる。
    【第4次(S)】彼に「幸運」が無くなった代わりに、アムロに「幸運」が追加されたため、正式にガンダム系最強の座をアムロに譲ることとなる。しかしその力強さは相変わらず健在で、普通に戦っていても、MSパイロットの中では最大級の活躍をする。
     作中では、お約束のフォウイベントに、ロザミアイベントまで追加された多忙の身である。それもあってか、やはりファとの中は進展しない。ちなみに万丈とブライトの声が似ているのを指摘していた。
    【F】中盤からZガンダムに乗って登場する。アムロ、ジュドーと共にガンダム系の主力として、相変わらずの強さを発揮する。アムロよりわずかに命中、回避が劣るが、攻撃力で勝る。「F」の段階で2回行動させることも容易である。
    【F完結編】「F」から引き続き主力として活躍できる。しかし、愛機のZガンダムが後半になると性能的に苦しくなるため、別の機体に乗り換えさせられることも多い。
     おなじみのフォウとロザミア関連のイベントが今回も用意されており、「第4次」と違い2人とも仲間にできる。
     シナリオ「塗りかえられた地図」において、カミーユでシロッコを倒すとカミーユの精神崩壊イベントが起き、以降使用できなくなる。。それまでにフォウが死亡していれば、これを避けることができる。しかし、今までのシリーズでは生きていると避けられたため、なぜこのように変更されたか謎である。原作でもフォウは死亡してのだから、精神崩壊は免れないのではないかと思うのだが。

    (Written by Noboru Uchida&マサキ&PSY&64命)(02.1.2)

  • 神江 宇宙太(かみえ うちゅうた) 無敵超人ザンボット3
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ビアルII世/キングビアル
    職業:中学3年生
    年齢:15歳
    出身:地球(日本)
    種族:日本人(ビアル星人の末裔)
    主な搭乗機:ザンブル、ザンボット3
    CV:森 功至、古川登志夫(代役)
    【原作】ザンボット3の操縦者では一番の年上(15才)でザンブルの操縦担当である。愛称は「宙ちゃん」。メカ知識に長けており、それを活かした作戦でザンボット3の戦力として活躍する。
     当初は、子供な勝平を小馬鹿にしており、高慢さが目立つ損な役回りであった(この手のキャラクターの宿命だろうか?)。しかし、戦いを経ていく内に、本来の理性的で洞察力がある面を生かし、とかく暴走しがちな勝平の行動をフォローする様になっていく。しかし、その理性的な面から、妹弟をガイゾックに人質に取られた際、両親に諦めてくれとまで言ってしまうこともあった。
     類縁としては勝平のいとこにあたり実家は東京にある。彼を中心に展開する第8話では、東京が攻撃された際に真っ先に自分の家だけをビアル2世で守った家族のことを恥じていたこともあった。
     最終話に於いて、負傷したためにバンドックの幻惑を破ったものの、何度かの攻撃によりザンボットは大破。これまでと判断した彼は、恵子にザンバードを切り離すよう指示して、彼女と共にバンドック機関部へ特攻、全てを勝平に託してその命を散らした。この時、自分が負傷している為に、恵子に機体のコントロールをしてもらわねばならないことを、彼は最後まで謝っていた。彼にしてみれば、死出の旅につき合わせてしまったことが、末期の悔いであったに違いない。
     ところで、これは宇宙太、恵子の双方に言えることだが、「ザンボット」はロボットアニメ史上最も短い全23話の作品であり、そのため、サブキャラクターがあまり深く掘り下げられていない様にも感じられる。まして、主人公である勝平には、チームの外に、香月というライバルキャラ(普通はチーム内の二号機パイロットがこれを担当する)と、アキというヒロインキャラ(普通はチーム内の紅一点がこれを担当する)がいたのだから。むしろ戦いを見守っていた兵左ェ門などの方が、キャラクターとしては強かったのかもしれない。

    「すまねぇ、恵子…。俺がこんなにやられてなけりゃ、恵子にコントロールしてもらうこともなかったのによ…。」

    【第4次(S)】は原作のような勝平とのやりとり(反発、そして協力)はほとんど行われていない。ただ、唯一「ひらめき」を持っているため、精神コマンドでかなり重宝する。原作とは異なり、恵子と同様、戦死することなく大戦の終わりを迎えることとなる。

    (Written by PSY&狼牙神&横尾 理)(02.1.2)

  • 神北 恵子(かみきた けいこ) 無敵超人ザンボット3
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:女
    所属:ビアルIII世/キングビアル
    職業:中学2年生
    年齢:14歳
    出身:地球(日本)
    種族:日本人(ビアル星人の末裔)
    主な搭乗機:ザンベース、ザンボット3
    CV:松尾 佳子
    【原作】ザンボット3の脚部 ザンベースの操縦者。信州の牧場に育ったせいもあり乗馬を得意とする。性格は、子供っぽい勝平や皮肉屋な宇宙太に比べ、少しばかり大人びている方。設定画でのポーズ集を見ると、おてんばな感じだが、本編の恵子はどちらかといえば、落ち着きのある少女として描かれている。唯一、恵子を中心に話が展開する第12話で、信州にいた頃、かなりのおてんばだったことがうかがえる。また、この話に於いて、恵子は友人達から例のごとく非難を浴び、母親に泣きつこうとしたが、ここで甘えさせては戦い抜いていくことはできないと、恵子の母は彼女に会おうとせず、公子(恵子の妹)に、泣き虫は嫌いだと一言だけ伝えさせ、彼女の成長を促すといったシーンがあった(なお、余談ながら、この話に於いて、恵子の晴れ着姿が披露されている)。
     搭乗するザンベースが索敵機能に優れるため、主にザンボットチームでは偵察や状況分析などを行い、勝平や宇宙太を支援するといった活躍が多かった。
     最終回、バンドックへ、宇宙太とともに特攻してその短い一生を終える。中心的レギュラーキャラクターとしては、おそらく戦場に散った最初のヒロインであった。

    「勝平! お願い! たたかってぇ!」

    【第4次(S)】序盤はほとんど探索専門の目立たないパイロット。しかし「再動」や「愛」を覚えてからは重宝することとなる。「復活」はちょっと取得レベルが遅すぎるが…。しかし彼女を含めザンボットチームが誰一人として「幸運」を持っていないところに制作者の強いこだわりが感じられる。
     宇宙太同様、ゲーム中に戦死することはなく、原作ファンにとっては少しばかり嬉しい改変と言える。

    (Written by NOV&狼牙神)(02.1.2)

  • 神北 兵左ェ門(かみきた へいざえもん) 無敵超人ザンボット3
     第2次 第2次G 第3次 EX 第4次(S) 魔装機神 新 F F完結編

    性別:男
    所属:ビアルI世/キングビアル
    階級:神ファミリー長老
    出身:地球(日本)
    種族:日本人(ビアル星人の末裔)
    主な搭乗機:キングビアル、ビアルI世
    CV:永井 一郎

    【原作】勝平達のおじいちゃんでキングビアルの船長。第11話ではバンドックに潜入、バリアのスイッチを切るなんてこともする実行力もある神ファミリーの長老(家長)。信州の湖に眠っていたビアル3世他の引き揚げをし、ザンボットの操縦者とするため勝平ら3人に睡眠学習(この言葉は実際には洗脳の方が近い)を行い、来るべきガイゾックとの戦いに備えた。
     また、第15話に登場したジェイムズン提督(国連艦隊の司令官)と旧知の間柄だったりしていることから、若い頃は外国に留学していた様で、老齢にしては非常に柔軟な思考の指揮官たりえた要因だったのでは? と推測される。とかく暴走しがちな勝平をよく一喝していたが、その真っ直ぐな気性を好いていることは、数々のシーンで伺える。
     最終決戦において、苦戦する皆を救わんがため、ビアル2世で梅江ばあさんと共にバンドックに対し特攻をしかけ、この世を去った。
     この人に限らず、富野作品には、桜野マリと東山大三郎、ランバ・ラルとクラウレ・ハモンなど、父娘や夫婦でありながら姓の異なる内縁関係のキャラたちが多く登場している。特に理由は劇中で語られはしないが、それ故に視聴者の想像力を刺激するのだ。この辺のさりげなさが、ニクイよねぇ・・・。

    「さぁて…どう戦い抜くかな。」

    【第4次(S)】アニメほど目立った行動はとらず、ザンボット登場イベント後はブライトに勝平らを預ける。中盤に通信という形で姿を現し、終盤に入ったガイゾック壊滅直後のシナリオ「特異点、崩壊」開始前でザンボット3にイオン砲を取り付けて役目を終える。勿論原作のような特攻はしないのだが、原作を知るファンにはなんとなくこれでよかったかも? とも思わせる。

    (Written by PSY&狼牙神&横尾 理&Zephyranthes)(02.1.2)

  • top